基本的には関西周辺の標高2000mまでの山が対象です。標高2500m以上の高山の場合で、注意があれば備考に記載しています。※当該イベントにおけるケースが前提。

ウエア

○:必携 △:必要に応じて *:あれば便利

品目 無積雪期 積雪期 備考
Tシャツ   基本的には夏の低山ですが、高山でも気象条件が良ければ大丈夫です。
長袖シャツ 冬の高山では厚手(ウール等の混紡)のものを。
ロングパンツ 冬は厚手のものを。
ショートパンツ   夏向き。
機能性タイツ   ショートパンツとの併用で、筋力のサポート用。
アンダーウェア上下 冬期はタイツも必要。高山では厚手(ウール等の混紡)のもの。
ウインドブレーカー 夏は防寒着を兼ねます。
防寒着 コンパクトな軽量ダウンジャケットなど。冬の高山では厚手のものを。
アウタージャケット   防水透湿性素材のもの。冬期の高山ではレインウェアの代用は不可。
アウターパンツ   防水透湿性素材のもの。冬期の高山ではレインウェアの代用は不可。
レインウェア上下  
帽子 寒い季節はニット帽。
手袋 冬は厚手、予備も必要。
オーバー手袋   冬の高山では厚手のもの。
目出帽   冬の高山では必須。
ネックウォーマー 薄手のバフは、帽子や汗拭きにもなり便利です。
靴下 冬期は厚手、予備も必要。

行動用品

○:必携 △:必要に応じて *:あれば便利

品目 無積雪期 積雪期 備考
軽登山靴   基本は防水仕様で、くるぶしまでカバーできるミッドカットのもの。
登山靴(3季用) 後ろコバのあるアイゼン装着可能なもの。冬の高山では冬山用が必要。
ロングスパッツ 主に雪山で、靴に雪が混入するのを防ぐカバー。
ストック 脚力の温存に有効。重荷の時は、バランスを保つのにも有効で疲労を軽減でき、渡渉時も心強い。冬は先端のバスケットを雪山用の大きなものに交換する。
ピッケル   コースにより必要。冬の高山では必須。
アイゼン   6本歯以上のもの。チェーンスパイクは爪の数はたくさんありますが、小さくアイゼンではありません。冬の高山では12本歯が必要。
スノーシュー(ワカン)   コースにより必要。スノーシューは横滑りに強い山岳用のものを。
ザック 日帰りの基本は30リットルぐらい。
ザックカバー  
スタッフバック 衣類や小物を仕分ける袋で、放水処理が施されたものがベストです。
ビニール袋  
折りたたみ傘    
水筒  
テルモス(保温ポット)  
ヘッドライト 予備電池含む
ナイフ  
コンパス  
地図  
サングラス  
ゴーグル   冬(特に1月、2月の厳冬期)の高山では必須。
時計 高度計付のものが便利です。
ホイッスル  
ティッシュペーパー 使用したものは必ずビニール袋に入れて持ち帰ります。
タオル  
日焼け止め  
虫よけスプレー    
塩水   ヒルの多い山域では必須。
携帯トイレ 自然保護区域では必要です。

コロナ対策用具

○:必携 △:必要に応じて *:あれば便利

品目 無積雪期 積雪期 備考
マスク   予備も必要。また、食事中など外している時に収納する袋(ジップロックなど)も必要。
アルコールスプレー(ジェル)    

緊急対策用具

○:必携 △:必要に応じて *:あれば便利

品目 無積雪期 積雪期 備考
レスキューシート  
ファーストエイドキット 絆創膏や脱脂綿など怪我をした時に必要なもの。ポイズンリムーバー(毒の吸引器)も含む。
テーピングテープ ホワイトテープは捻挫など怪我をした時のために。
常備薬 胃薬、風邪薬など。
非常食 カロリーメイトなど。
健康保険証  

キャンプ用具(テント山行の場合)

○:必携 △:必要に応じて *:あれば便利

品目 無積雪期 積雪期 備考
テント(ドーム型の自立式のもの) 無積雪期は雨に強いダブルウォールのタイプがベター。ペグ、張り綱も必要。
ツエルト(非常時用簡易テント)  
テントマット  
シュラフ 季節や山の標高(気温)に対応したものを選択する。
シュラフカバー  
マット 全身用と半身用があり、半身用はその分携帯性、軽量化に優れます。
ランタン 通常はヘッドライトをランタン代わりに使います。
コンロ(ガスボンベ式が主流)  
燃料(ガスボンベまたはガソリン)  
コンロ台 地面が不安定なケースが多いので、ある方が良いです。
コッヘル 一人であれば、食器も兼ねるような使い方がベターです。
食器  
コップ  
カトラリー スプーン・フォークのことで、シンプルなものがベスト。必要であればお箸も。
ロールペーパー キャンプ生活においては色々な拭き掃除に使います。
タオル  
洗面用具  

クライミング講習会の場合

○:必携 △:必要に応じて *:あれば便利

品目 無積雪期 積雪期 備考
クライミングシューズ   主にレースアップ、ベルクロ、スリップオンの3タイプがありますが、どのタイプでも可。
クライミング用ソックス   クライミング用でなくても、薄手のものであれば大丈夫です。
ヘルメット    
ハーネス   ロープで安全を確保するための安全ベルト。
チョークバック(チョーク)   手に付ける滑り止めの粉。
ウェア類   腕や肩、股関節や膝を動かしやすい服装であれば、登山用のウェアでなくても可。
アンダーウェア上下    
防寒着    
手袋    
雨具(レインウェア上下)    
ウインドブレーカー    
アプローチシューズ   会場の岩場まで履く靴で、ガレ場などで滑りにくい靴。
ザック   クライミング用品、食べ物や飲み物、その他必要な物が全て入るものなら何でも可。
テルモス(保温ポット)   寒い季節や、昼食にカップ麺など食べる時。
ヘッドライト   非常時用
虫よけスプレー    
携帯トイレ    

PAGE TOP